トップページ 訪問マッサージ 治療法・適応症 受診の案内 地 図 お知らせ メール相談



 治療法のご紹介



えんらく りょうほう

  遠絡療法ってどんな治療法?


ハリ・灸や薬を使わず、主に手足のポイントを刺激する安心・安全な治療法です。

痛む場所には直接触らず、関連のある手足のポイントを使って痛みを和らげます。

鎮痛剤の効きにくい「神経因性疼痛」などの難治性の痛みを緩和します。

膝・肩・かかと痛など、局所の炎症を素早く鎮めます。

  
 

           


  人間は身体の60%近くが水でできており、その体内を色々な物質がつねに移動しています。

   血液・リンパ・神経伝達物質・イオン・ホルモン等々の物質が
  
   滞りなくスムーズに流れることで生命は維持されています。

   遠絡療法ではこれらの流れを総称して
ライフフロー(生体の流れ)」と呼び

   人体には主として12本の「ライフフロー(生体の流れ)」があります。 

   いろいろな原因 (外傷・打撲・感染などによる炎症や神経の損傷) によってこの流れの

   どこかに滞りが起こると、その周辺に痛み・重み・シビレなどが発生します。



  遠絡療法は手足の押圧刺激によって「生体の流れ」を調整することで

   生体の流れに起こった滞りを正常な状態に戻してゆきます。

   
痛みのある場所には直接触りません

   
はり・灸を使いません

   
主に手足のポイントを押圧したり、レーザーや電気治療器を使って

    痛みやしびれ症状の改善を図ります

  
     
 
                    
    レーザー治療器 TRINPLE-D             SSP治療器 TRIMIX505H           木製の押し棒



 適応症について


    遠絡療法は次のような症状に効果が期待できます


  帯状疱疹後神経痛  三叉神経痛 

  頭痛 頚の痛み 頚椎捻挫(むち打ち症) 頚椎症 頚肩腕症候群 肩甲骨の痛み 
   背中の痛み 胸郭出口症候群 手指のシビレ 握力低下 変形性頚椎症 五十肩
   
  腰痛 腰部脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎捻挫 腰椎症
   股関節の痛み 変形性股関節症 膝の痛み 変形性膝関節症 坐骨神経痛
     
  踵の痛み 腱鞘炎 バネ指 手根管症候群 足趾の痛み、
  
  鎮痛剤の効きにくい慢性・難治性の痛み全般







 
 
  院長略歴

         
  岡本 治人 (おかもと はるひと)       
 
鍼灸師・按摩マッサージ指圧師  
 
遠絡療法専門治療師
 
ケアマネージャー

 ■平塚市出身
 ■早稲田大学卒業
 ■湘南医療福祉専門学校をへてペレス銀座クリニック勤務
   恩師 柯尚志医師の元で「遠絡療法」の理論と臨床を学ぶ
 ■2006年サクラ治療院開業

 

  

   〒254-0045                                     
      神奈川県平塚市見附町8-2                          
      TEL0463-36-0266  FAX0463-32-0526                        湘南平塚 サクラ治療院    


トップページ 訪問マッサージ 治療法・適応症 受診の案内 地 図 お知らせ メール相談